丸伸企業株式会社
TEL082-818-1000
広島市安佐北区三入南1丁目13-14
ISO9001?ISO14001?認証取得
お問合せ
 
TOP収集・運搬再資源化・処分維持管理会社案内
 

    所在地

    ●本社
    〒731-0213 
    広島市安佐北区三入南1丁目13-14

    TEL 082-818-1000(代)
    FAX 082-818-1700

     

    快適な生活を支える下水道。全工事を一貫して自社対応できる高度な技術力。下水道 維持管理事業


    下水道維持管理システム

    私たちの共通財産である美しい海や川、そして都市機能を守るために不可欠なのが下水道の整備です。現在、都市部を中心にその多くが、補修・改修の必要に迫られています。
    当社は、下水道の維持管理事業にも参画。問題点の確認から調査、改修計画の立案・工事、メンテナンスまでを、一貫した流れで行っています。最新機器と高度な技術サービスを駆使した維持・管理を通して、地域社会に貢献したいと考えています。


    ボイラー車を制御中。経験豊富な社員の存在がスピーディーで正確な作業を実現。



    1調査・分析

    現状把握と異常・欠陥等の問題点の確認

    管路施設の維持管理は、災害等を未然に防ぐために計画的な定期調査が必要となるため、通常は清掃と同時に実施。基本は目視調査ですが、管内径800未満の人が入れない小口径管等は、テレビカメラを用います。

    確実なデータ管理と迅速な情報処理

    原因究明のため、様々な調査で収集されたデータを的確に分析し、診断のベースとなる資料を作成します。

    • 非破壊検査
    • 取付け管テレビ調査
    • スモーク調査
    • 本管テレビカメラ調査
    • 流量調査
    • 目視、マンホール調査

    計測データ、検査ロボット

    非破壊検査

    見えない劣化も瞬時にキャッチする高精度機器を保有

    完全非破壊で既設管と更生管を検査・診断・計測するシステムです。
    衝撃弾性波を利用して管路全体の見えない劣化までもを高精度に分析。
    更生管厚さ0.1単位まで正確に測定することができます。



    2診断(工法のセレクト)

    適正な診断で、より効果的な工事・工法を選択

    調査から得た綿密な情報をベースに的確な診断を行い、その後の補修・改修のベストプランを構築します。



    3補修・改修

    短時間で作業を完了させる高度な技術力

    診断の結果を踏まえ、指摘がなされた管路の補修・改修を安全、かつスピーディーに行います。

    • 全面更生工事
      オールライナー/オールライナーZ工法/サイドライナー工法(取り付け管更生)/シームレス工法/オメガライナー工法/SPR工法
    • 部分補修工事
      パートライナー工法
    • 人孔・枡更生工事
      MLR工法/日本スナップロック工法



    全面更生工事も可能。各種工法でより最適なご提案を!


    [SPR工法]詳しくは…http://www.spr.gr.jp/spr.html

    SPR工法は、既設の下水道円形管および短径きょや馬蹄きょなどの非円形管きょの内側に帯状体のプロファイルを螺旋状に製管し、既設管との間隙にSPR裏込め材を充てんして、新しい管きょを構築する更生工法です。



    [オメガライナー工法]詳しくは…http://www.spr.gr.jp/omega.html

    オメガライナー工法は、断面をΩ(オメガ)型形状に折りたたみ、ドラムに巻いた硬質塩化ビニル管をマンホールより既設管内に引き込み、蒸気加熱により円形に復元させ、圧縮空気で既設管に密着させる下水道管きょの本管および取付管を更生・ライニングする工法です。
    本管は呼び経150~400に適用可能。高強度かつ形状記憶性能を持つため、自立強度を有し、スピーディーな施工の管更生が特徴です。



    [オールライナー工法]詳しくは…http://www.all-liner.jp/

    オールライナー工法は、工場で含浸された更生材(不織布に熱硬化性樹脂が含浸されたもの)を既設人孔より本管内に引き入れた後、更生材に水圧または空気圧をかけ拡張し、温水または蒸気を循環させ樹脂を硬化形成させることによって、既設管きょ内に新しい下水道管きょを形成する工法です。



    主要作業車両一覧